世界中で使われる事務系ソフト

オフィスソフト利用のためにパソコンを買ったという人も多く、オフィスソフトが使えて当たり前といっても過言ではない時代です。 しかしなぜそれほどまでにオフィスソフトが世界中の企業、人々使われるのでしょうか。今回はオフィスソフトが使われる理由についてお伝えします。

活用の方法はさまざまなオフィスソフト

そもそもオフィス系ソフトとは一体何なんだという方のためにもまずはオフィス系ソフトの説明をします。
オフィス系ソフトは個人や企業など大小関わらずに文章作成や表計算やプレゼンテーションを作成するのに最適な機能を備えたソフトの総称です。
様々な企業から同様のオフィス系ソフトが販売されていますが、大まかな機能は同じで、それぞれに互換性を持つものもあります。
基本的には前述のとおり、文書作成、表計算、プレゼンテーションの3つがセットとなています。

それでは各種機能の大まかな説明です。
文章作成機能はその名の通り文章を作成することが目的のソフトです。現在作られている書類のほとんどは発売元は違えど、この文章作成機能の類で作成されたものです。
知識は少なくても、たくさんのテンプレートの中から選ぶこともできるので初心者でもとっつきやすく、クオリティの高い書類を簡単に作ることができます。
表計算機能はセルと呼ばれる表の1コマ1コマに任意の数式や数字を入力して計算を実行をするものです。この表計算の数式を入力しておけば、数字を入力するだけで複雑な計算も一瞬にしてこなせるようになるので、作業効率が上がること間違いなしです。
プレゼンテーション機能は、プレゼンテーションのスライドを作ることができる機能です。プレゼンテーションの中にアニメーションを組み込んだり、工夫の仕方はその人によって様々で最も個性が出る機能といえるでしょう。

使い方は様々!

会社で必要な書類やプレゼンテーションに必要なスライドを作るときなど大抵のものはこのofficeソフトひとつでできてしまいます。 中には意外と知られていない使い方などもあるかもしれません。 ここでは様々ある使い方をいくつか例を挙げて紹介していきます。

パソコン操作ができることの証明として!

どこの職場でも事務管理や書類作成のために使われているオフィスソフトですが、自称でオフィスソフトが使えるというのと実際に公式に認められた資格を持っているのといないのとでは雲泥の差があります。 ここでは、どのようにして就職活動の場でオフィス系の資格が有利に働くのか紹介していきます。

おすすめリンク